体調を崩して退職⇒奨学金も返せず借金300万に!相談して債務整理で解決した

 

31歳男性、職業は事務職です。

 

借金の経緯についてですが、私は大学への進学にあたって、学費等のお金を親、親戚に頼ることが出来ませんでした。

 

そのため、学生支援機構やその他の金融機関でローンを組み、進学費用、生活費に充てました。

 

借り入れの詳細ですが、大学四年間の学費、生活費で総額300万円ほどの債務を抱えることになりました。

 

支払いに関しては、毎月2万円弱を支払っていき、およそ20年後に完済予定となりました。

 

債務整理のきっかけですが、仕事の影響もあってか、徐々に体調を崩してしまい、ついには心の病を患ってしまいました。

 

当然、勤務状況も悪化し、安定した収入を得ることが難しくなりました。結局は退職に追い込まれて、収入が途絶えてしまったのがきっかけとなりました。

 

そこで、インターネットで借金についての相談窓口を調べていると、とりあえず弁護士さんに相談することが良いと分かりました。

 

しかし、仕事をしておらず金銭的にも余裕が無かったため簡単には相談できません。

 

さらに調べていくと、金銭面で負担の少ない法テラスの存在を知りました。早速、足を運び、ことの顛末をお話し、債務整理の相談をしました。

 

法テラスでの面談自体は一回きりで、その場で債務整理の手続きに移行していただきました。

 

その後は何度か担当の弁護士の方のもとへ行き、必要書類をまとめて、裁判所での手続きはすべて弁護士さんが対応していただけました。

 

私が裁判所へ行くことは一度もなく、法テラスへの相談から約7か月後に債務整理が終了しました。

 

債務整理に至るまでは、心のどこかでやましい気持ちがありましたが、債務整理後は気分も晴れやかで心が軽くなりました。

 

費用に関しても分割払いで対応いただけ、非常に助かっております。

 

借金は自分の責任、というのは当然ですが、債務整理は法的に認められているわけですので、ぜひ利用して早く悪循環から逃れ、社会貢献を一生していく気持ちで新たなスタートを切ってください。